冷え性には体を温める高麗人参などで対策を!

冷えを知らない人には、冷え症の人間はどう映っているんだろうと思うことが良くあります。

寒い…と呟いても、不思議そうな顔をされるからです。

実際には寒いというよりも、痛いと言う感覚に近いんですけど、痛いって言うと逆に怪我でもしたのかと心配されてしまうので、表現に困るんですよね。

冷え症あるあるで、手足はいつも冷たいですし、夏でもサンダルで一日居ることはほぼ無理です。

暖かい場所、つまり暖房の効いた場所や日光の差しているところなら大丈夫なんですが、空調の効いた場所では直ぐに足が痛くなってしまいます。

春から夏に掛けて、足首や首回りを露出させるファッションが増えますが、勿論そんな服装をしたら夕方ぐらいから体調が最悪になります。

こんな感じですから、夏場の外出も靴下が手放せませんし、寒い冬場は首回り、特に項を外気に晒すと背中に悪寒が走ります。

冬はカイロをお臍の下と腰に貼って外出すれば、何とかなるのですが、さすがに夏場にカイロは無理ですし。

一度、冷えて震えている時に、項にカイロを貼れば良いと勧められたことがあるのですが、これの効き目には個人差があるようです。

その時は、全身がポカポカしてきて気持ち良くなるんですが、翌日から数日間、基部が痛くて動かせなくなってしまいました。

首回りを必要以上に温めるのは、良くない場合もあるのかもしれませんね。

それ以来、首にだけはカイロは貼らないようにしています。

出掛ける時は、真夏でも薄手のショールか羽織物を必ず一枚持参するようにして自衛していますけど、その分荷物は嵩張ります。

筋肉量を増やせばいいと言われたこともありますが、なかなか難しいです。

今は、さり気なく着込むことと、体中の首(首・手首・足首)と脹脛を出来るだけ外気に晒さないようにして何とかなっていますけど。

後は冷え性には高麗人参を飲むと良いと言われたので高麗人参のサプリメントを飲んでいます。

高麗人参冷え性というサプリメントなんですが、これは良く効いているようです。

毎日のまないといけないのですが、続けていると体が少し、ポカポカしてきます。

以上が私の冷え性対策で行っていることです。